費用対効果のあるSEO術

間違ったSEO対策を行っていませんか?費用対効果を考えた正しい検索エンジン最適化を行いましょう!

思いついた対策は順位低下を引き起こす事もあるSEO対策

こんな事を行えばSEO対策に効果があるのではないか、と自分で思いついた対策を実行する事もある様ですね。しかし、それはかなり注意が必要です。自分で思いついたseo対策というのは、他の人も同じ事を思いついている事もあります。

ですので、アルゴリズムで取り締まられてしまう可能性もあります。過度に対策を行ったサイトの順位は落とされてしまう事が多いため、気をつけないといけません。現在ではすでにすべてのアルゴリズムを把握するのはほとんど不可能に近いと言われている事もある様です。

また、近頃のSEOでは小手先の対策を行っても、かなりアルゴリズムにひっかかってしまう確立が高いと言われています。

パンダアップデートも怖くなくなるseo対策を

Google実施したパンダアップデートは「質の低いページを検索結果から除外する」「相互リンクだらけの中身が薄いページの順位を下げる」など、さまざまな影響を与えました。アップデート以前はワードサラダ、関係性の低い相互リンク集、外部リンクの獲得などありとあらゆる手段でseo対策が行われていました。

現在はAI(人工知能)を使ったランクブレインというアルゴリズムで検索を強化しています。コンテンツの強化がseo攻略のポイントと言われるようになっていますが、これからはもっとアルゴリズムが強化されていくでしょう。コンテンツの充実はもちろんのこと、最適なseo対策も求められます。

seoは蓄積したデータを解析する

seoは現在グーグルのアルゴリズムが自動で行っており、蓄積したデータをその都度検索エンジン上の表示順位に反映させています。RankBrainはその中でも検索結果に直接的に関係するアルゴリズムの部分です。そしてこのアルゴリズムは日々改変されていっています。

ひと昔前にはユーザーを無視したブラックハット気味のseoもまかり通っていましたが、今はそれらへのペナルティは厳しくなっています。ユーザーに関係のないアピールをすると圏外にされてしまうので気を付けた方が良いです。逆に言えばコンテンツを適正に評価してくれています。